検索結果:17

  • インテル株式会社は8月28日、デスクトップPCのセキュリティー機能をより一層強化する、最新の「インテル vPro プロセッサー・テクノロジー」を発表しました。このビジネスおよびITシステム向けプロセッサー・テクノロジーは、新たな革新的な技術として、より優れた保護機能を搭載しており、ハッキングやウィルス、およびその他のセキュリティー上の脅威からPCを守ります。

  • インテルは、新世代のインテル Centrino プロセッサー・テクノロジーとして、インテル Centrino Duo、およびインテル Centrino Pro プロセッサー・テクノロジーを発表しました。これらの新製品には、高速なプロセッサーとチップセット、高品質のビデオとグラフィックス、より強力かつ高速になったワイヤレス機能、優れたセキュリティーと管理機能、より長時間のバッテリー持続時間を実現するための電力効率設計、PC の起動やソフトウェア・アプリケーションの読み込みを高速化する機能(オプションで提供)が含まれます。

  • 独立行政法人理化学研究所と日本 SGI 株式会社およびインテル株式会社は、理論ピーク性能1ペタフロップス(PFLOPS)注1(1秒間に1,000兆回の演算を行う能力)を実現する分子動力学シミュレーション専用コンピュータ・システム「MDGRAPE 注2-3(エムディーグレープ・スリー)」の構築に成功しました。

  • NECは、「Express5800/100シリーズ」において、インテル社製最新CPU「 デュアルコア インテル(R) Xeon(R)プロセッサー」を最大2個搭載可能な2Wayサーバを商品化し、本日から販売活動を開始いたしました。このたびの新商品は、ラックモデル「Express5800/120Ri-2」「同/120Rg-1」、タワーモデル「同/120Li」「同/120Eh」および水冷式静音モデル「同/120Li(水冷モデル)」の計5機種であります。

  • インテル株式会社は、本日、日本市場におけるインテル(R) バーチャライゼーション・テクノロジーに基づく仮想化ソリューションの普及促進を目的とした「インテル(R) バーチャライゼーション・テクノロジー・アクセラレーション・プログラム」を発表しました。本プログラムは、業界を代表するシステム・メーカー、仮想化ソフトウェア・ベンダー、システム・インテグレーター各社との協力により実現するもので、すでにヴイエムウェア、NTT データ、新日鉄ソリューションズ、ターボリナックス、デル、東芝、日本 IBM、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、ノベル、野村総合研究所、日立、富士通、マイクロソフト、ミラクル・リナックス、レッドハットが、本プログラムの主旨に賛同しています。

  • インテル コーポレーション インテル・シニア・フェロー 兼最高技術責任者(CTO)ジャスティン・ラトナーは、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム(IDF)Spring 2006」の基調講演で、業界先進のコンピューティング基盤となる新しいインテル(R) Core(TM) マイクロアーキテクチャーの詳細を公表しました。同アーキテクチャーを採用したマルチコア・プロセッサーは、サーバー、デスクトップ PC、モバイル PC 向けに今年後半に投入される予定です。

  • インテルコーポレーションとヴイエムウェア社は、エンタープライズおよび新たな市場セグメントに対する有用な仮想化技術の提供に向けた広汎な協業を発表しました。インテル コーポレーション 上席副社長 兼デジタル・エンタープライズ事業本部長のパット・ゲルシンガーと ヴイエムウェア社社長のダイアン・グリーンは、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム(IDF) Spring 2006」の基調講演で、仮想化技術の認知向上・普及促進に向けた製品サポートの強化および世界規模の共同マーケティング・キャンペーンを開始すると発表しました。インテルはまた、ヴイエムウェア社が同社の将来製品でサポートを計画している、新しい仮想化技術の仕様を公開しました。

検索結果ページ :  前へ | 1 2
TOP / ニュースリリース / ニュースリリース検索