検索結果:85

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリの4P(4基のプロセッサを搭載できる)サーバ「HP ProLiant DL580 Generation 5」、「HP ProLiant BL680c Generation 5」にて、最新の6コア対応プロセッサであるインテル Xeon プロセッサー 7400番台を搭載した新モデルを発売します。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社のHP ProLiant DL580 G5 は、SPECpower_ssj 2008 ベンチマークにおいて、4Pサーバとして546 overall ssj_ops/wattのパフォーマンスを記録し、エネルギー効率の高い卓越したパフォーマンスを達成しました。SPECpower_ssj 2008 は、サーバシステムのパフォーマンスあたりの電力消費を測定するための業界初のベンチマークです。この測定値により、サーバのエネルギー効率を比較することが可能になります。HP ProLiant DL580 G5の結果により、HPはサーバの電力消費に関する顧客の懸念を理解し、それに応えていることを証明しました。HP ProLiant DL580 G5 は、最新の業界標準テクノロジをベースに、ハイパフォーマンス コンピューティング用に設計されています。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」の新たな製品ラインとなる1Uラックマウント型エントリサーバ「HP ProLiant DL160 Generation5」を発売します。本製品は1Uラックマウント型エントリx86サーバ「HP ProLiant DL140 G3」の後継機で、コンパクトなサイズと最小構成で18万円台のお求めやすい価格を継承しながら、最大クロック1600MHz FSBの高性能チップセット インテル 5400 を搭載し、最高水準の性能を実現します。価格性能比が重視されるHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)分野、Web 2.0企業に加えて、高性能グラフィックスカードへの対応により、CGレンダリングなどの用途にも優れた性能を発揮します。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社のHP BladeSystem c3000 エンクロージャは、ラックマウント型インフラストラクチャが進化した次世代モデルです。c3000 エンクロージャはリモートサイトや中小企業、また電源と冷却について特別な制約があるデータセンター向けに設計されています。この技術概要では、HP BladeSystem c3000 エンクロージャについて、エンタープライズクラスのHP BladeSystem c7000 エンクロージャとの比較、サーマルロジックの電源および冷却テクノロジ、およびインターコネクトオプションなどについて概説します。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は新しく発表した文書で、HP BladeSystem c-Classを購入後に、設置および導入、管理に必要な作業の概要を紹介しています。HP BladeSystem c3000エンクロージャの登場により、中小規模システムにおいてもブレード型サーバの導入が現実的なものとなってきました。一般的に、ブレード型サーバの導入は敷居が高いと思われていますが、実際には、HP BladeSystemにおいては、タワー型・ラックマウント型サーバと比べてもそれほど複雑な作業を必要としません。新しい文書では、まず、HP BladeSystemの設置および導入、管理の一連の流れを、タワー型・ラックマウント型サーバと比較して説明します。その後、各項目について、作業の概要や参照すべきドキュメントを紹介していきます。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社はこのインテグレーションノートで、HP ProLiantサーバおよびHP Integrityサーバ上で利用可能なMicrosoft Windows Server 2008 RC01 (開発コード名Microsoft Windows Server "Longhorn")のサポートレベルについて説明します。新しい文書は、Windows Server 2008オペレーティングシステムのプレリリース版のテストを行うお客様を支援することを目的としています。新しい文書に記載されているHPがサポートする製品リストは、Microsoft Windows Server 2008オペレーティングシステムの今後のリリースで変更される場合があります。

  • 2007年12月18日カリフォルニア州レッドウッドショアズ発 ―オラクルは本日、SPECjAppServer2004ベンチマークにおいて、「Oracle Fusion Middleware」のコンポーネントである「Oracle Application Server 10g Release 3」およびHP IntegrityブレードサーバーとHP StorageWorks Enterprise Virtual Arraysで稼働する「Oracle Database」と「Oracle Real Application Clusters」が、クラスタ構成部門で過去最高となる世界記録を樹立したと発表しました。クラスタ・データベースによる史上最高の性能を達成した今回の記録は、BEA WebLogicによるSPECjAppServer2004ベンチマーク記録を15%上回り、IBM WebSphereとIBM DB2 UDB 9.1の記録を116%以上超えました。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は新しく発表したインテグレーションノートで、HP ProLiantサーバおよびHP Integrityサーバ上で利用可能なMicrosoft Windows Server 2008 RC01 (開発コード名Microsoft Windows Server "Longhorn")のサポートレベルについて説明しています。この文書は、Windows Server 2008オペレーティングシステムのプレリリース版のテストを行うお客様を支援することを目的としています。ここに記載されているHPがサポートする製品リストは、Microsoft Windows Server 2008オペレーティングシステムの今後のリリースで変更される場合があります。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、株式会社 日立製作所の統合管理ツールであるJP1 Version 8とHP ProLiantサーバのハードウェア管理ツールであるInsightマネジメントエージェントおよびHP Systems Insight ManagerのWindows環境における連携についての概要を説明する文書を発表しました。はじめに個々のツールおよび製品を紹介し、その後に幾つか考えられる連携方法についての動作概要と要点を記載しています。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、ファイルサーバ・ソリューション「HP IceWall Quick File Store 2.0」を新たに発売します。

検索結果ページ :  前へ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | 次へ
TOP / ニュースリリース / ニュースリリース検索