検索結果:85

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、平成20年5月7日業界標準x86サーバ「HP ProLiant」とヴイエムウェア社の仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」との組み合わせによる仮想化ソリューションに関連して、以下の3つの取り組みを発表しました。 * HP初のサーバ組み込み型仮想化ソリューション「HP ProLiant iVirtualization」を発表します。本製品は、仮想化ソフトウェアを内蔵したUSBデバイスと「HP ProLiant」サーバの組み合わせで提供されるユニークな製品です。その第一弾として、「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」を発売します。 * 同時に、日本HPがOEM販売する「VMware Infrastructure 3」ライセンスのラインアップを強化します。特に、大規模仮想化環境に向けた「Enterprise」ライセンスでは統合管理ソフトウェア・スイート「HP ICE(Insight Control Environment)」をバンドルしたお得な新製品を発売します。 * さらに、仮想クライアントソリューションとして「VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)」専用ライセンスの販売と環境構築サービスを開始し、仮想クライアント市場を積極的に開拓します。

  • 2007年11月12日、日本ヒューレット・パッカード株式会社はHP ProLiant ML370 G5が達成したTPC-Cベンチマークの世界新記録を発表しました。3.16GHz/12MB キャッシュのクアッドコア インテル Xeon プロセッサー X5460を2基 (2プロセッサ/8コア/8スレッド)と、、64GBの FD-DIMMメインメモリを搭載したHP ProLiant ML370 G5は、Oracle Enterprise LinuxオペレーティングシステムおよびOracle Database 10g Standard Edition Oneデータベースを実行し、273,666/tpmC @USD$1.38/tpmCという記録を達成しました。このサーバは、ログファイル用の12台の146GB 10K SFF SASドライブを接続した2つのHP SmartアレイP600 SAS RAIDコントローラと、HP StorageWorks MSA70エンクロージャ28台とHP ProLiant ML370 G5内蔵ドライブベイに収納された700台の15K SFF SASドライブを駆動する7つのHP SmartアレイP800 SAS RAIDコントローラを使用しました。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」の新機種として、「HP ProLiant DL180」2モデルを発売します。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant ファミリ」の主力製品であるラックマウント型サーバ「HP ProLiant DLライン」の販売強化を図り、以下3点の施策を発表します。

  • 日本ヒューレット・パッカードは新しく発表した文書で、HP BladeSystem c-Classを購入後に、設置および導入、管理に必要な作業の概要を紹介しています。HP BladeSystem c3000エンクロージャの登場により、中小規模システムにおいてもブレード型サーバの導入が現実的なものとなってきました。一般的に、ブレード型サーバの導入は敷居が高いと思われていますが、実際には、HP BladeSystemにおいては、タワー型・ラックマウント型サーバと比べてもそれほど複雑な作業を必要としません。 この文書では、まず、HP BladeSystemの設置および導入、管理の一連の流れを、タワー型・ラックマウント型サーバと比較して説明します。その後、各項目について、作業の概要や参照すべきドキュメントを紹介していきます。

  • 2007 年8月より、HP-UX Developer Edgeでは特集や連載、ホワイトペーパーなどの更新情報をお伝えするRSSフィードを開始しました。RSSフィードはお手持ちのRSSリーダーに登録することで、HP-UX Developer Edgeの最新情報が受け取れるようになります。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準x86サーバ「HP ProLiant ファミリ」の主力製品であるラックマウント型サーバ「HP ProLiant DLライン」の販売強化を図り、以下3点の施策を発表します。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、最新のデュアルコア インテル Itanium 2プロセッサ9000番台(開発コード名:Montecito)を搭載した「HP Integrityサーバ シリーズ(エイチピー・インテグリティ)」の販売を開始します。 ハイエンドサーバ「HP Superdome(スーパードーム)」ならびに、従来から販売しているHP Integrityサーバシリーズ(rx8640, rx7640, rx4640, rx2620)の全5機種に同プロセッサを搭載した新製品を発売し、また新たにエントリレベルサーバ「HP Integrity rx3600(以下rx3600)」「HP Integrity rx6600(以下rx6600)」の2機種を追加します。すべての製品を本日から販売開始します。これにより、既に多くの実績を持つハイエンド、ミッドレンジのサーバ市場に加え、処理性能、信頼性が求められるようになってきたエントリレベルの市場でのサーバ販売を拡大します。また、エントリレベルの製品販売強化の施策としてメモリやハードディスク、OSなどをパッケージ化し、低価格で提供する「HP Integrity QuickValue シリーズ」の販売を本日から開始します。

  • 2006年6月、HP Proliantが東京・昭島での日本生産によるフルカスタマイズCTO(完全注文生産)を開始し、オンラインストアHP Directplusにて販売開始しました!HP Proliant DL145、ML110を皮切りに、続々と日本生産対応機種を追加し、HP Directplusで販売予定です。

  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社は本日、業界標準サーバ「HP ProLiant(エイチピー・プロライアント) 300シリーズ」の次世代機「Generation 5(以下、G5)」を発売します。HP ProLiant 300シリーズG5は、最新のデュアルコア インテル(R) Xeon(R) プロセッサーを始めとする最新の業界標準技術とHP独自の設計思想を融合させ、最大で従来機(G4)の2倍強の性能を実現した、最先端のx86サーバです。

検索結果ページ :  前へ | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 | 次へ
TOP / ニュースリリース / ニュースリリース検索