検索結果:47

  • 富士通株式会社は、2010年5月31日に長年培った高信頼・高性能な技術やノウハウをベースに、クラウド・コンピューティング時代におけるプラットフォームとして圧倒的にコストパフォーマンスに優れたPCサーバ PRIMERGYのラインナップ強化をしました。

  • 富士通株式会社は、インテル社最新CPU「インテル Xeon プロセッサー 5600番台」を搭載した2WAYタワー型/ラック型サーバ「PRIMERGY TX300 S6」、2WAY 2Uラック型サーバ「PRIMERGY RX300 S6」、2WAYブレード型サーバ「PRIMERGY BX922 S2」を4月中旬より販売開始します。「インテル Xeon プロセッサー 5600番台」は2010年3月17日、インテル社より発表された最新CPUです。

  • 富士通株式会社は、クアッドコアCPU「インテル Xeon プロセッサー 3400番台」と、最新のデュアルコアCPU「インテル Pentium プロセッサー G6950」「インテル Celeron プロセッサー G1101」「インテル Core i3-540 プロセッサー」を搭載した1WAYタワー型/ラック型サーバ「TX150 S7」および、1WAYラック型サーバ「RX100 S6」を新規提供し、2010年1月21日より順次販売開始します。

  • 富士通株式会社は、オフィスコンピュータ「PRIMERGY(プライマジー)6000シリーズ」の機能強化を行い、全4モデル27タイプの新モデルを7月16日に販売を開始しました。新モデルでは最新のインテル Xeon プロセッサを採用しており、従来モデルと比較して処理能力を最大3.7倍に向上し、消費電力を最大30%削減しています。

  • 富士通株式会社は、PCサーバ「PRIMERGY」のラインナップに、国際エネルギースタープログラム・コンピュータ基準Ver5.0に対応した1WAYタワー型エントリーサーバ「TX100 S1」と、最新CPU「インテル Xeon プロセッサー 5500番台」を搭載した2WAYタワー型/ラック型サーバ「TX200 S5」「TX300 S5」の3機種の新製品を加え、2009年7月14日より順次発売いたします。

  • 富士通株式会社は、PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」のラインナップを強化し、国内市場において本日より順次販売を開始します。最新の6コア・プロセッサ「インテル Xeon プロセッサ 7400番台」を搭載した4WAYラック型ハイエンドサーバ「PRIMERGY RX600 S4」を提供するほか、Windows Server 2008 搭載機種を現行3機種から8機種に拡充し、本OSの標準機能であるHyper-V による仮想化システムの普及を加速させていきます。

  • 富士通株式会社はこのほど、SAPジャパン株式会社の「SAP NetWeaver Business Intelligence」を大幅に高速化させるアプライアンス商品「SAP NetWeaver 7.0 BI Accelerator」を当社のブレードサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」にプレインストールし、当社のネットワークディスクアレイ「ETERNUS(エターナス)」と組み合わせたオールインワンモデルとして、2008年6月11日より販売を開始いたします。

  • 富士通株式会社は、高性能PCワークステーション「CELSIUS(セルシアス)」の新モデルとして、当社従来製品と比較して容積を約25%小型化し、狭いスペースでも設置可能な、PCワークステーションとしては業界最小クラスを実現したコンパクトモデル「CELSIUS J360」の販売活動を平成20年4月24日から開始します。

  • 富士通株式会社は、ServerView Suite Enterprise Edition(SVS EE)は、複数の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST(プライムクエスト)」で構築されたシステムを統合管理できるサーバ管理ソフトウェアです。分かり易いGUIによりPRIMEQUESTのハードウェア構成情報表示やパーティションの電源制御などを行うサーバ管理機能をお客様に提供します。

  • 富士通は、基幹IAサーバ「PRIMEQUESTTM(プライムクエスト)」に、ミッドレンジモデル「PRIMEQUEST 420」を追加し、本日より販売活動を開始します。本製品は、現行の「PRIMEQUEST」ハイエンドモデルのアーキテクチャーを採用し、低価格、省電力、省スペースを追求したモデルです。

検索結果ページ :  前へ | 1 2 3 4 5 | 次へ
TOP / ニュースリリース / ニュースリリース検索