検索結果:13件
  • 1. 仮想化の普及を加速させる“クアッドコア”

    2月27日に都内で開催されたVMWare Virtualization Fair 2007におけるセミナーで、インテル株式会社 デジ | デュアルコア インテルXeonプロセッサー 5100番台(以下、Woodcrest)の上位グレード5140(2.33GHz), 5150(2.66GHz), 5160(3 | 06年に投入したデュアルコア5000番台(以下、Dempsey)やWoodcrest、さらには2007年後半投入予定の45nmデュアルコア/クアッ | 継続する。 コスト重視のDempsey、エネルギー効率重視のWoodcrest、最高性能のClovertown、45nmプロセスによる将来のプロ | ル・バランスをアピールした。 Clovertown(2.33GHz)は、Woodcrest(3.00GHz)に対して1.5倍以上、シングルコアXeon(3.60GH | ...... - 2007/3/06

  • 2. クアッドコアでどう変わる? Dempsey, Woodcrest, Clovertownの「違い」机上検証―― その2.性能 ――

    「クアッドコアでどう変わる Dempsey, Woodcrest, Clovertownの机上検証― その1. スペック ―」ではBens | もコア・クロックが高い3つ―― Dempsey 5080(3.73 GHz), Woodcrest 5160(3.00 GHz), Clovertown X5355(2.66 GHz)――をピッ | ツの数値を示している。因みに(表では省略しているが)、Woodcrest 5120(1.86 GHz)は、Dempsey 5080の1/2のコア・クロック | 性能向上率(SPECfp_rate_base2000) 同じコア・クロックのWoodcrestに対しては約80%のアドバンテージ 次に、WoodcrestとClo | nの方がSPECintでは約+80~86%、SPECfpで約+33~35%、Woodcrestを上回る。また、同一クロックという条件は同じでWoodcr | ...... - 2007/0/10

  • 3. クアッドコアでどう変わる? Dempsey, Woodcrest, Clovertownの「違い」机上検証―― その1.スペック ――

    インテルが2006年11月に発表したクアッドコア製品「インテル Xeonプロセッサー5300番台(Clovertown) 」 | y)と比較して約28%、同じインテルCore世代のXeon 5160(Woodcrest)と比べても約11%低い。しかし、同時実行命令数を見ると | 令であるのに対して、インテルCoreベースのClovertown、Woodcrestは最大4命令。これをDP構成時で考えた場合、Clovertownは | ド」を並列処理するのに対して、後者のClovertown(およびWoodcrest)は「1つのコアが1つのスレッド」の処理に専念できる。 | 実行命令数とスレッド数 ダイあたりのTDPは同クロックのWoodcrestに対して約7%減 またTDP(Thermal Design Power)は、Demp | ...... - 2006/12/28

  • 4. インテル クアッドコア テクノロジー プレス・カンファレンス

    デュアルコア インテル Xeon プロセッサー5100番台(Woodcrest)の発表から約5ヶ月。インテルは都内で開催 | 載したクアッドコア・プロセッサー Clovertownは、2つのWoodcrestを一つのパッケージに納めたようなデザインのクアッドコ | 共有する2つのコアが実装されている様子を見ると、それはWoodcrestそのものである。インテル株式会社 マーケティング本部 | ンテルのロードマップで示されていた通りClovertownは、Woodcrestやデュアルコア インテル Xeon プロセッサー5000番台(De | ことができる。後述するが、この日行われたClovertownとWoodcrestの性能比較デモでは、プロセッサー以外はまったく同じ構 | ...... - 2006/11/17

  • 5. サーバー向けプラットフォーム製品のロードマップ

    インテルHPCプラットフォーム・テクノロジー・セミナー 2006年9月7日、都内で開催された「インテル HPC | の“5000番台”(Dempsey)とインテルCore世代の“5100番台”(Woodcrest)、そしてクアッドコアの“Clovertown”、更にもう一世代 | リックすると拡大します。) ところでClovertownは、2つのWoodcrestを1つのパッケージに収めたようなプロセッサーとなる(写 | 、クロックや電圧の調整を行わなかった場合、消費電力はWoodcrestの2倍となる。仮に高性能サーバー向けClovertownのコアが | 、Woodcrest 5160ベースだったとすると、その消費電力はTDP80Wの2倍 | ...... - 2006/9/27

  • 6. 続々登場する "Woodcrest" 搭載製品に見る、Xeon サーバ市場の最新動向

    インテルが2006年6月26日に、サーバ/ワークステーション向けの最新プロセッサー「デュアルコア インテル | Xeon プロセッサー 5100番台」 (コードネーム "Woodcrest" ) を発表してから1か月あまり。すでに有力ベンダ各社 | からも、この Woodcrest を搭載したサーバ製品が相次いで発売されています。今 | 回はこうした新製品の概要を紹介しながら、「Woodcrest 世代」の Xeon サーバ市場のトレンドを探ってみます。 | IBM System x3550 のように、1U シャーシに最大 2基の Woodcrest プロセッサー、32GBの FB-DIMM、4基の 2.5インチ HDDを | ...... - 2006/8/14

  • 7. “高クロック=高性能”神話からの脱却 ―― Woodcrest VS Dempsey ――

    デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5000 番台(以下、“Dempsey”)が発表され、同 5100 番台(以下、 | “Woodcrest”)の登場も間近に迫っている。‘電力効率’の観点から両者 | を見ると、Woodcrestに代表されるインテル Core マイクロアーキテクチャー系 | ウェイ (4 コア) 構成では Dempsey の 82.8 に対して、Woodcrest は 120 と約 45 % 上回っている。また、1 ウェイ (2 コ | から 2 ウェイにした場合の効果は、Dempsey が +90.3 %、Woodcrest が +94.5 % となる。一方、浮動小数点演算のスループッ | ...... - 2006/6/23

  • 8. マイクロアーキテクチャーの違い (その2) ―― Woodcrest VS Dempsey ――

    今回は、分岐予測ミスのペナルティやメモリー・アクセス時のレイテンシーに関連する部分に着目してみた | ちらも L2 キャッシュの総容量は 4 MB と変わらないが、Woodcrest は 4 MB×1 の共有タイプ、Dempsey は 2 MB×2 の独立タ | シュ・リソースは、Dempsey では 2 MB に制限されるが、Woodcrest では 4 MB を上限に動的に配分できる。また、独立タイ | はそうしたリソースの無駄遣いはない。そういう意味で、Woodcrest の方はキャッシュ・リソースの利用効率が高いと言える | キャッシュ―メモリー・コントローラー間のバス帯域幅。Woodcrest は、プロセッサーあたり 1 つの共有 L2 キャッシュがバ | ...... - 2006/6/23

  • 9. マイクロアーキテクチャーの違い (その1) ―― Woodcrest VS Dempsey ――

    Woodcrest と Dempsey の違いとして忘れてはならないのがマイクロアーキテクチャーの違いである。前回、 | 行トレース・キャッシュ」のような仕掛けは無い。因みに Woodcrest の共有 L2 キャッシュは 4 MB。 (出典) IDF Japan 200 | z) × 3 (命令) × 2 (コア)」で約 22×109 命令、一方の Woodcrest では「3.0 (GHz) ×4 (命令) ×2 (コア)」で約 24×109 命 | これほどの差にならないにしても、実際のベンチマークで Woodcrest が、クロックの差を凌駕するパフォーマンスを発揮して | この記事の目次 “高クロック=高性能”神話からの脱却 ―― Woodcrest VS Dempsey ―― -(1) システム・バスと DIMM の違い | ...... - 2006/6/23

  • 10. マイクロアーキテクチャーを刷新したサーバー用プロセッサー、"Woodcrest"の革新性

    64ビット・アドレッシングへの対応、デュアルコア化など、この1、2年の間にインテルのサーバー向け IA- | rocessing) サーバー向けデュアルコア・プロセッサー "Woodcrest (開発コード)" の投入を、2006年第3四半期に予定してい | ・デベロッパー・フォーラム Japan 2006 で紹介された、Woodcrest のパフォーマンス。 まずパフォーマンスだが、先日のI | ス向上 - 35%の消費電力削減 これを見れば分かるとおり、Woodcrest がこれまでのプロセッサーと違うところは、パフォーマ | 150W、TDP (Thermal Design Power) では 135W。従って Woodcrest は最大 97.5W、TDP で 87.75W となる。実際のスペック | ...... - 2006/5/13

検索結果ページ :  1 2 | 次へ
TOP / IT Manager's Desk / 記事検索