vPro製品バイヤーズガイド~メーカー横断、vPro対応ビジネスPCレポート!~

2007/9/26 - IAポータル編集部

いよいよ本格的に出揃った新ビジネスPC

インテルvProプロセッサー・テクノロジーによりパフォーマンス・セキュリティ・管理性が強化された新しいタイプのビジネスPCは、情報漏えい問題やウィルス被害、PC管理不行き届きなど、企業が抱えるトラブルを解決するためのハードウェア基盤として関心が高まっている。そこで今回の『ビジネスPCバイヤーズ・ガイド』では、各社イチオシのvPro対応PCを比較して、それらのセキュリティ・管理機能をチェックしてみる。 表には機能を一覧にまとめてあり、記事では各製品の特色をピックアップしてみたので、記事と表の両方で製品を比較してほしい。

ビジネスPCのチェックポイント!

ビジネスPCの機能を比較する上では、(1)セキュリティ、(2)管理に加え、障害復旧やバックアップ機能などの(3)信頼性、の大きく3つのポイントに着目した。

独自の指紋認証システムとTPMセキュリティチップでセキュリティを強化

▼製品ピックアップ:富士通「FMV-D5340」


【メーカー】富士通
【製品】FMV-D5340
【OS】Windows VISTA Buisiness/Windows XP Professional
【CPU】Core2Duo E6700(2.66GHz)/E6300(1.86GHz)

(1)セキュリティ機能

オプションの指紋認証は、同社独自のアルゴリズムにより、他人受理率(他人を本人と判定する確率)0.002%以下の精度で認証。バイオ認証装置「FMSE-C301」で指紋データを始めとするユーザー情報を一括管理することで、安全で効率的なシステム運用を実現する。

(2)管理機能

同社の統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」は、vProプロセッサー・テクノロジーに対応。vProプロセッサー・テクノロジー対応PCである「FMV-D5340」と組み合わせることで、リモートでの電源ON/OFF設定や、ハードウェア構成情報の収集など、より高度な管理が行える。

Systemwalker(システムウォーカー)

また、システム構築の際には、「SystemcastWizard」を使うことでネットワークを介して、効率的にクライアントの大量導入を行える。

(3)信頼性

データの安全確保のため、80GBのHDDを2基搭載したRAIDモデルを用意。また、バックアップソフトウェアが豊富に添付されており、場合に応じて使い分けることが可能。「StandbyDisk Solo」「スタンバイレスキューLite」ではシステムが動作する1基のHDD内にバックアップ・エリアを作成して保存することが可能だ。比較的単純なデータのバックアップを行うだけであれば「Easy Backup」が、操作も機能もわかりやすく使いやすい。

指静脈認証装置と統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」で鉄壁のシステムを

▼製品ピックアップ:日立「FLORA 350W HX1」


【メーカー】日立製作所
【製品名】FLORA 350W HX1
【OS】Windows XP Professional
【CPU】Core2DuoE6600(2.4GHz)/E6320(1.8GHz)/Pentium4 641(3.20GHz)/CeleronD 336(2.8GHz)
※vProプロセッサー・テクノロジーには、Core2DuoE6600/E6320のみ対応

(1)セキュリティ機能

独自開発の指静脈認証装置を提供。これは指紋ではなく指の静脈を利用した認証で、第三者のなりすましをさらに困難にする仕組みだ。オプションのソフトウェア「ATFRAME Sign-pass Light」を使うと、Webアプリケーションや各種アプリケーション、ネットワークなどで必要となるパスワード入力を指静脈認証で置き換えることも可能になる。

また、暗号化機能は、EFSや、PersonalSecureDrive(PSD)に対応した上で、オプションにて機密情報を守るための統合ソフトウェア「JP1/秘文」「秘文」を利用する。暗号化のほか、デバイス制限、印刷制限などの機能が実装できるため、重要なデータを情報漏えいの危機から守ることが可能だ。

(2)管理機能

同社は、vProプロセッサー・テクノロジー対応の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を発売しており、vProプロセッサー・テクノロジー対応PCと組み合わせることで、セキュリティの向上と共に管理コストを削減できる。

統合システム運用管理 JP1 Version 8

(3)信頼性

RAID(ミラーリング)160GB×2をカスタマイズ可能。システムのバックアップには「Phoenix Recover Pro 2004」(オプション)が、データのバックアップには、「BACKUP-DA FLORA Edition」がそれぞれ用意されている。

運用管理ソフトウェア「WebSAM」のvProプロセッサー・テクノロジー対応が期待される

▼製品ピックアップ:日本電気(NEC)「Mate MM」


【メーカー】日本電気
【製品名】Mate MM
【OS】Windows VISTA Buisiness/Windows XP Professional
【CPU】Core2Duo E6700(2.66GHz)/E6400(2.13GHz)

(1)セキュリティ機能

ウィルス対策ソフトウェアの定義ファイルが更新されていない休日明けを狙ったウィルス攻撃、いわゆるゼロデイ攻撃への対策として、「Always アップデートエージェント」が用意されている。この機能により、Windows起動前にウィルスパターンをアップデートすることが可能だ。

また、USB接続機器毎の無効化/有効化設定が行えるユーティリティ「DeviceProtector」を使うことで、USB接続のキーボードやマウス、指紋センサー等を使用しながらも、USBメモリ等は使用不可とする運用が可能。外部への情報漏えい対策として有効だ。

(2)管理機能

同社は、総合運用管理ソフトウェア「WebSAM」を開発しているが、残念ながら2007年9月1日現在はvProプロセッサー・テクノロジーに対応していない。しかし、vProプロセッサー・テクノロジー対応PCの管理への対応を表明しており、すでに実績のある「WebSAM」がvProプロセッサー・テクノロジーに対応することで、運用管理の効率化に期待できる。電源が入っていないPCの情報を収集したり、ウイルスに感染したPCをリモートで隔離する機能などで、さらに高度な運用管理が可能となるのだ。

総合運用管理ソフトウェア WebSAM

(3)信頼性

300GB×2の大容量HDDによるミラーリングRAIDを選択できる。また、RAID以外では、Windows XP Professional搭載モデルに限られるが、「Standby Rescue Multi/StandbyDisk」を使うことで、1台目のHDDの内容を2台目のHDDに定期バックアップ/復元を高速で行うことが可能だ。

安心の国内生産。行き届いたセキュリティ機能

▼製品ピックアップ:日本ヒューレット・パッカード「HP c7700 US/CT」


【メーカー】日本ヒューレット・パッカード
【製品名】HP dc7700 MT/CT
【OS】WindowsVISTA Buisiness/WindowsVISTA HOME Basic/WindowsXP Professional/WindowsXP HOME Edition
【CPU】Core2Duo E6700(2.66GHz)/E6600(2.40GHz)/E6300(1.86GHz)/PentiumD 945(3.40GHz)
※vProプロセッサー・テクノロジーには、Core2DuoE6700/E6600/E6300のみ対応

(1)セキュリティ機能

セキュリティソフトウェア「HP ProtectTools」によって必須のセキュリティ機能は一通り網羅しているが、同社独特の機能として、「スマートカバーロック」が挙げられる。これはPC本体の側面カバーをBIOS設定でロックする機能で、工具を使わないツールレス筐体と、鍵を使わないカバーロックにより、HDD盗難などによる情報漏えい対策として効果が高い。

(2)管理機能

同社はクライアント管理ソフト「Client Configuration Manager」を提供している。これには無償でダウンロードできるBasic Editionと、フル機能を搭載した有償のPremium Editionがある。いずれも、vProプロセッサー・テクノロジーに対応しており、vProプロセッサー・テクノロジー対応PCなら、電源がOFFになっていても、遠隔から起動し、アプリケーションの配布、パッチ配布の自動化、ハードウェア、ソフトウェア資産の見直しや、アップグレードが可能となる。

Client Configuration Manager

(3)信頼性

バックアップソフトウェア「HP Backup & Recovery Manager」が標準添付。また、160GB×2のミラーリングRAIDモデルを選択できる。ちなみに、信頼性という意味では、HPはデスクトップPC製品を国内で生産していることも注目すべき点だ。国内生産によって高い品質を維持することができるのだ。

3段階のパスワードも指紋認証で楽々ログイン

▼製品ピックアップ:Lenovo「ThinkCentre M55p Small」


【メーカー】Lenovo
【製品名】ThinkCentre M55p Small
【OS】Windows VISTA Buisiness/Windows XP Professional
【CPU】Core2DuoE6300(1.86GHz)

(1)セキュリティ機能

OS起動前パスワード、HDDパスワード 、Windowsログインパスワードの3段階でパスワードを設定するのが、PCのセキュリティ上もっとも堅牢な仕組みである。ただ、これを毎回起動のたびに1つ1つ手で入力するのは面倒。OS起動前認証やHDDパスワードもスマートカードや生体認証でログインできる機能があると便利だ。「ThinkCentre M55p Small」は、別売の「USB指紋認証キーボード」を使用した指紋認証機能で、OS起動前パスワード、HDDパスワード、Windowsログインも楽にログインできる仕組みを採用している。

(2)管理機能

Lenovoは、運用管理ソフトウェア「LANDesk Management Suite 8 for ThinkVantage Technologies」を用意。vProプロセッサー・テクノロジー対応PCであれば、PCに電源が入っていなくても、ネットワークを通じてリモートでそのPCにアクセスし、PCの診断やリカバリー、インベントリ情報を収集するなどが出来る。

LANDesk Management Suite 8

(3)信頼性

バックアップソフトウェア「ThinkVantage Rescue and Recovery」は、PCに深刻なトラブルが発生しても、PCのボタンを押すだけで、以前のデータや設定を素早く復元させることができる。

次世代vProプロセッサー・テクノロジーも発表され、ビジネスPCに求められるセキュリティ、管理機能、信頼性は、コンシューマ向けのPCとは明確に区別されるようになるだろう。 今後の製品を比較するにあたっても、今回、表にまとめたような機能の有無や内容に注目し、業務に適したビジネスPCを選択したい。

表1)セキュリティ機能

富士通
FMV-D5340
日立製作所
FLORA 350W HX1
日本電気
Mate MM
日本HP
dc7700 MT/CT
Lenovo
ThinkCentre M55p Small








SMARTACCESS セキュリティチップ・ユーティリティ Authen
-tication Agent
セキュリティチップ・ユーティリティ
HP ProtectTools ThinkVantage Client Security Solution



指紋認証、スマートカード 指静脈認証装置 FeliCaポート、指紋センサ搭載USBキーボード USB日本語版スマートカードキーボード USB指紋認証キーボード
OS







OS起動/BIOS設定変更をパスワードで制限 BIOSパスワード OS起動前パスワード OS起動前パスワード パワーオンパスワード
HDD




HDDパスワード(除RAIDモデル) HDDパスワード(除RAIDモデル) HDDパスワード(除RAIDモデル) DriveLock機能 HDDパスワード





BIOSパスワード入力をスマートカードで認証可能 シングルサインオンソフト「ATFRAME Sign-pass Light Ver 2.0」 BIOSパスワード入力をスマートカードにって認証可能 「シングルサインオン」。パスワード入力を指紋やスマートカードで認証可能 パスワード入力を指紋認証可能。「シングル・サインオン」「Password Manager 3.0」でパスワードを一元管理












筐体前面の本体カバーキーで筐体の施錠可能 - - 「スマートカバーロック」。側面カバーをBIOS設定でロック -
I/0

「Portshutter」I/Oの使用を制限 「I/Oロック」機能。アクセス制御ユーティリティ「SECUREDA」。環境制限設定ソフト「SECUREDA Pro」 「Device Protector」USB接続機器毎の無効化/有効化設定ユーティリティ ポート/ドライブ無効化設定 -





EFS対応 EFS対応。Personal Secure Drive (PSD)対応。「JP1/秘文」「秘文」 EFS対応。Personal Secure Drive (PSD)対応 EFS対応。Personal Secure Drive (PSD)対応 EFS対応。「Utimaco SafeGuard Easy」でHDDを暗号化
HDD

「HDDデータ消去ツール」添付。有償の完全消去サービス HDDデータ消去ソフト「CLEAR-DA FLORA Edition」 「HDDデータ消去」ソフト添付。PCデータクリーンサービス(有償) - HDDデータ消去ソフト「Secure Data Disposal」





- 電子メールの保護機能 公開鍵暗号方式、電子認証技術 電子メールの保護機能 -





Norton AntiVirus 2007(90日間) VirusScan Enterprise、Norton AntiVirus 2007(90日版)。ウイルスワクチンサービス ウイルスバスター2006 インターネット セキュリティ/ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ(90日版) Symantec AntiVirus Corporate Edition(60日版) 「Symantec Client Security」90日間の無料ウィルス定義購読







ワイヤーロックの鍵取付け穴 盗難防止ロック穴 盗難防止ロック穴 盗難防止ロック穴 鍵取付け穴「セキュリティー・スロット」


- 電子すかしソフト「インターネットマーク」 「Alwaysアップデートエージェント」Windows起動前のウイルスパターンアップデート - -

表2)管理機能

富士通
FMV-D5340
日立製作所
FLORA 350W HX1
日本電気
Mate MM
日本HP
dc7700 MT/CT
Lenovo
ThinkCentre M55p Small










統合運用管理ソフト「Systemwalker」 システム運用管理ソフト「JP1」 総合運用管理ソフト「WebSAM」(vPro未対応) Client Configuration Manager Basic Edition(無償)/Premium Edition(有償) 運用管理ソフト「LANDesk Management Suite 8 for ThinkVantage Technologies」





UpdateAdvisor。ドライバの検索と自動適用 システム運用管理ソフト「JP1」 総合運用管理ソフト「WebSAM」(vPro未対応) Client Configuration Manager Basic Edition(無償)/Premium Edition(有償) 各種ドライバ導入・更新をサポートする「System Update」対応。ツールレス筐体







「SystemcastWizard」。ネットワークを介たクライアントの大量導入を支援 PCプレインストールサービス 総合運用管理ソフト「WebSAM」(vPro未対応) - 「ThinkVantage System Migration Assistant」。PC設定やデータの移行を支援




調
FMV診断/富士通ハードウェア診断ツール - - - PC-Doctor5 for Windows


ツールレス筐体 - - ツールレス筐体 ツールレス筐体

表3)信頼性

富士通
FMV-D5340
日立製作所
FLORA 350W HX1
日本電気
Mate MM
日本HP
dc7700 MT/CT
Lenovo
ThinkCentre M55p Small






StandbyDisk Solo/スタンバイレスキュー Lite Phoenix Recover Pro 2004 Standby Rescue Multi/StandbyDisk HP Backup & Recovery Manager ThinkVantage Rescue and Recovery








Easy Backup BACKUP-DA FLORA Edition StandbyDisk Solo RB HP Backup & Recovery Manager ThinkVantage Rescue and Recovery
R
A
I
D
80GB×2(ミラーリング) 160GB×2(ミラーリング) 300GB×2(ミラーリング) 160GB×2(ミラーリング) -


- - - 国内で生産 -

関連リンク

記事アーカイブ

IT Manager's Desk の記事をテーマごとにまとめ読み。

  • IAストラテジー
    • IAとビジネスの新しい展望を解説します
  • IAサーバー
    • IAサーバーの最新動向をレポートします
  • ビジネスPC
    • ビジネスとITの現場を変える最新PCソリューションをお伝えします
  • 事例ウォッチ
    • IAを活用してビジネスを切り拓く、注目の導入事例をピックアップします


新着ビジネスPC